2020年05月22日

落語会中止のご案内

「落語会中止のご案内」


5/23 「落語と古酒&熟成酒と蕎麦の会」

5/24 「いちやかい」

5/28 「ハチヨン落語」

5/30 「めぐたま寄席」


また5月22日のオフィスマツバ感謝祭は2021年4月9日に延期となりました。


Twitterではお知らせしておりましたが、ブログで案内しておらず失礼いたしました。


何卒よろしくお願いいたします。
posted by 柳亭市弥 at 23:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

いちやごと「ぬか床」

米派かパン派か?どちらかと聞かれたら「米」と答えると思う。炊き立てのおまんまは、やっぱり旨い。あのふっくらとしたフォルムがたまらない。

しかし、食べ過ぎるとふくよかになるのが玉に瑕。。


自粛して早一ヶ月半。ただダラダラ過ごすのもいけないと思い、やりたいことを五つ書き出した。

一、チャーシュー作り
一、髭を伸ばす
一、詰将棋
一、筋トレ
一、ぬか漬け

チャーシュー作り。某レシピサイトを見ながら二回ほど作った。ゆくゆくはラーメン二郎さんの豚を目指して今後も勉強中。


髭を伸ばす。これは約二週間伸ばしに末に、髭が鬱陶しくなり断念。ひげよさらばです。


詰将棋。携帯アプリで。


筋トレ。ぎっくり腰になった為、三週ほど  無筋トレ。お恥ずかしい。


そして、ぬか漬けだ。


調べると、真っ新なぬかから育てると二週間ほどかかったりいろいろと手間がありなかなか手を出せず。。どうしようか悩んでいても仕方がないので、すでに発酵済のぬかを購入して、いざぬか床生活へ突入。


これがまー、面白い。


一番最初に入れたのが、胡瓜、大根、人参。旨い。独特のぬかの風味が鼻に刺激し、塩っぱさも相まってご飯が進む。次は何にしよう。胡瓜は外せない、茄子か?キャベツ、じゃが芋もイケるかもしれない。。


朝のルーティンとして、何を漬けるかを考える日々。そして、漬けた野菜を取り出し、食卓に並べれば、おまんまが進む進む。


ぬか漬けが食生活の中心となった。


ぬか漬けはパンには合わない。いや、合わないのではなく、まだ合う方法を知らないだけかもしれないが、やはり米だ。白米、おまんまだ。


朝からご飯をおかわりをする。日本人でよかった。体重は、、気にしないでおこう。。
posted by 柳亭市弥 at 02:13| いちやごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

5月の出演、落語会中止のご案内

5月の出演案内です。


このような騒ぎですので中止となった会は以下でございます。


5/6      巣ごもり寄席
5/10  BASE落語
5/16  古今亭文菊の会 
5/17  小日向落語会
5/19  赤坂いちやぼし
5/26 コテン玉手箱


今後も中止となる可能性がありますので、その際いはまたお知らせいたします。


何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。



2020年5月の出演案内
〇寄席出演情報
『5月上席 浅草演芸ホール夜の部(7日から10日)』
【出演日】決まり次第、お知らせいたします。
【時 間】16時50分上がり

『5月下席 浅草演芸ホール昼の部(21日から30日)』
【出演日】決まり次第、お知らせいたします。
【時 間】11時50分上がり
※師匠、市馬がトリの芝居です。

〇落語会出演案内
『らくごカフェに火曜会』
【日 時】5月12日(火)開演19:30(開場19:00)
【場 所】神保町•らくごカフェ
【木戸銭】予約1800円/当日2000円 *1drink付
【出演者】金原亭馬太郎・柳亭市弥
【予・問】らくごカフェ 03-6268-9818(平日12〜18時) / rakugocafe@hotmail.co.jp

『オフィスマツバ感謝祭〜いつも心に落語を』
【日 時】5月22日(金)開演18:30(開場18:00)
【場 所】水天宮前•日本橋劇場
【木戸銭】3800円
【出演者】古今亭菊之丞•三遊亭兼好•古今亭文菊•古今亭駒治•柳亭市弥
【問合せ】rakugoyoyaku@yahoo.co.jp / 050-3497-5500(マツバ)

『落語と古酒&熟成酒と蕎麦の会』
【日 時】5月23日(土)15:00開演(14:30開場)
【場 所】立川 招福そば奈美喜庵
【会 費】6000円(落語&日本酒、酒肴、そば)
【出演者】柳亭市弥
【予・問】042-522-2253(佐藤)

『第27回いちやかい』
【日 時】5月24日(日)開演14:00(開場13:30)
【場 所】成城学園前 アトリエ第Q藝術 1F HALL
【木戸銭】予約1500円/当日1800円
【出演者】柳亭市弥
【予・問】03-6874-7739 (13:00〜20:00 月曜定休) / ryutei.ichiya18@gmail.com

『落語と江戸料理の会 三周年記念めぐたま寄席 四人会』
【日 時】5月30日(土)18:00開演(17:30開場)
【場 所】恵比寿 写真集食堂めぐたま
【会 費】5500円(落語とご飯。ドリンク別)全席自由
【出演者】江戸料理:おかどめぐみこ 
     落語:春風亭正太郎•春風亭一蔵•入船亭小辰•柳亭市弥
【予・問】03‐6805‐1838 / megutamatokyo@gmail.com
posted by 柳亭市弥 at 23:21| スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

いちやごと「整体治療」

整体が少し苦手だ。それも体育会系の元気の良すぎるところが。患者さんに寄り添うのはいいがグイグイ来られると顔が引きつってしまう。まぁ、マスクしているから大丈夫か。。


この騒ぎの中、ぎっくり腰になった。


コロナめ。


ただちょっと斜め上の色紙を取ろうとしただけなのにだ。仕事もなく外出も自粛なのが不幸中の幸い。ぎっくり腰は去年の年末に初めてなり、今回で二回目。癖になってしまったのかもしれない。


外出は自粛だが、医者には行ったほうがよいので、近所の整体にお世話になることにした。問診票を書いて診察。


ここからが厄介なのだ。


「どうしました?」
「ぎっくり腰です」

「痛みはどのくらい?」
「どんな動きで?」
「ここの店なんで知りました?」


症状を詳しく知りたいのか質問が止まらない。


「いつもどういった態勢で仕事されてます?」
「うーん、正座ですかね」
「正座?」
「、、はい、着物関係の仕事しているので」
「あ、そうなんですねー」


このやりとりの末、こちらの整体では私は上野の呉服屋に勤めていることになってしまった。


なかなか落語家なんですと言えない。


ほぼ毎日通っていたのが、二日に一度、三日に一度に。仮の姿の自分にもそろそろお別れだ。


「お仕事、今でもやっぱりテレワークなんですか?」
「、、いちお五月六日までそうですねー」
「着物屋さんでテレワークって何してるんですか?」
「、、はぁ、、何してるんですかね」
「そうですねー、大変ですよねー」


不思議な会話だ。早く完治してほしい。
posted by 柳亭市弥 at 13:58| いちやごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

4月29日 いちやかい中止

4月29日、成城学園前アトリエ第Q藝術さんでの「いちやかい」は中止でございます。


毎月の勉強会。5月は24日ですが、この状況ですのでまた開催の有無をご連絡いたします。
何卒よろしくお願いいたします。
017F32C3-9460-4FD2-B8A5-61F96F105CC7.png
posted by 柳亭市弥 at 22:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする